« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

行列のできる大人気のベーカリー!フランス発のパンをやっと頂くことができました^^@ゴントランシェリエ

皆さん、御機嫌よう…

先週、美味しいパンを頂いたわけで

本日は、そのネタなんぞを…

頂いたパンはこちら…

「ゴントランシェリエ 名古屋」 です

Img_1311tile

 

現在、国内で渋谷など東京に4店舗(期間限定店舗含む)、

仙台・福岡に各1店舗が展開されてるパン屋さんです…

本場パリの味が、先月の4月29日に東海地方初進出^^

JR名古屋髙島屋に初出店しました…。

フランスの人気パン職人ゴントラン・シェリエが

プロデュースする「ゴントラン シェリエ」は、

2012年東京・渋谷にオープンして以来、行列のできる人気店

として注目を集めているわけですが…

もれなく名古屋も行列であります…。

Img_1296tile

Img_1300tile

この日は開店から3週間ほどたっていましたが

入店制限があり並ぶこと30分、そしてパンの購入にも

制限があり、お一人様 5個まで…

実は、このパン2012年に日本に初上陸した際に

当時、我が夫婦は渋谷にいて、我家の奥様がいち早く

このパンのことを知っておりまして、このパン屋さんへ

行ったのですが、まさに大行列で断念…

やっとのことで名古屋でも頂けるようになりました(笑)

お店の雰囲気は…

ジャーナルスタンダードなどを手がけるベイクルーズと組み、

外装、内装もこだわりある、おしゃれな

空間になっています…


Img_1306tile

Img_1297tile

Img_1307tile

 

 

ゴントラン シェリエが際立っていたのは、その土地の食材や

季節の移り変わりをメニューに反映させたこと。

 

大人気のクロワッサンなどの定番商品はもちろんのこと、

日本の四季に合わせて商品を開発して初めての方も

リピーターの方にも飽きさせない工夫がされています。

さらにパンメロンのように日本に逆輸入されたものもあり、

他にはない個性もあるそうです…

Img_1298tile

Img_1301tile

Img_1302tile

なんと!1日2,500個以上の売上を記録するほどの人気で

TV・雑誌など多くのメディアで注目されている

不動の人気商品「クロワッサン」や、パリ本店でも人気の

「味噌セーグル」など豊富なパンのラインナップが

魅力なんです…。


Img_1303tile

Img_1304tile

Img_1305tile

 

 

新しいパン食文化で世界中の人々を魅了し

そしてパンから始まる食の提案をしているんですね…

Img_1310tile

Img_1308tile

ということで、早速頂きました…(笑)

Img_1319tile

これは外せない!必ず食べておきたいクロワッサン!

厚めの一層一層がくっきりと折り重なる見た目の美しさ

そのままに、噛み破るときの歯ごたえが極上。

バターも豊かに香ります。


Img_1320tile

Img_1321tile

Img_1323tile

 

見た目もかわいいモンブラン

クロワッサン生地で作られたタワー型のモンブラン。

 

渋皮の甘露煮も練り込んだ栗のクリームを詰め粉糖は

雪のイメージ。 トリコロールも飾りつけられ、

その姿はまるで美しきエッフェル塔。

濃い栗のクリームがクロワッサン生地の中に

たっぷり入っているので、コーヒーとの相性も抜群です。

Img_1324tile

個人的には、ストライクなパン屋さんの登場…

間違いなくリピートするお店です(笑)

あ~!最高に美味しかった!!

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

ゴントラン シェリエ JR名古屋髙島屋店パン / 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史散策にてタイムスリップ!ロマンがありますね^^@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART4

皆さん、御機嫌よう…

PART1・2・3からの続きです^^

こちら → PART1 PART2 PART3 

 

GWも最終日。

歴史散策を兼ねて愛知県の知立市にある

八橋かきつばた園へ我家の奥様と遠足へ…(笑)

111_2

 

思い出をいつものように綴っておきましょう^^

ここは、まさに歴史を感じることができる空間。

平安時代の物語「伊勢物語」の 第9段で在原業平が東下りの

途中三河の国八橋で…

 

詠まれて以来1,200年近くの歴史をもつ花であり

今でもも楽しまれているわけですが…

この方が 「在原業平」


Img_1167tile

平安時代初期の貴族・歌人。平城天皇の孫です。

全百二十五段からなる『伊勢物語』は、在原業平の物語。

そして、ここのかきつばた見て

かきつばたの五文字から…

ら衣  つつなれにし  ましあれば  

るばる来ぬる  びをしぞ思う 」 と

詠んだわけですね…。

平安時代きっての美男子でプレイボーイ

だったらしいですよ(笑)

Img_1166tile

Img_1165

Img_1168

Img_1169

そして、この時期だけ公開している資料館を見学…

Img_1194

伊勢物語の写本

Img_1190tile

Img_1193

Img_1191tile

尾形光琳によって描かれた国宝「燕子花図」の複製…

Img_1192

Img_1189tile

いづれも、この地を訪れて感銘を受けて 誕生したわけで…

非常に感慨深い歴史を体感できました!

今や、5000円札の裏のモデルになっているわけです(笑)

Img_1111tile

そして、この周辺を歩いて…

さらに歴史を体感しようではありませんか^^

Img_1117

鎌倉街道を二人で歩いてみました…

Img_1195

Img_1198tile

古道としての「鎌倉街道」とは、鎌倉時代に幕府のある

鎌倉と各地を結んだ道路網で、鎌倉幕府の御家人が

有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた

道であり、鎌倉時代の関東近郊の主要道の意として

用いられていたそうです。

Img_1199tile

途中、根上りの松に遭遇…

Img_1201tile

根が2mほど持ち上がっていることから、誰いうともなく

「根上りの松」と呼ばれるようになったそうで…。

安藤広重の浮世絵「東海道名所図会」のモデルと

いわれています。

Img_2

今では、目立たない松ですが、当時の旅人達はこの松を

どういう気持ちでみたのでしょうか?

Img_1202tile

Img_1207

Img_1206tile

タイムスリップした気持ちでこの松を眺めてみる…


Img_1205

Img_1204tile

まさに!これまた歴史ロマンを感じる空間に感動!!

また、街道沿いには…

在原業平の供養塔が…

Img_1210tile

Img_1209tile

Img_1208

Img_1211

Img_1213tile

Img_1212

Img_1215tile

最期に、今回の遠足も楽しく無事に堪能させて

頂いたので手を合わせえて帰宅したので

ありました…(笑)

同じ愛知県内にいながら初めてきたわけですが、

まだまだ体験していない場所がいっぱい

あるんだろうなぁ!としみじみ…

いい遠足になりました…(笑)

GWの思い出、これにてお終い!

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我家の奥様との遠足でのお昼は「おにぎらず」@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART3

皆さん、御機嫌よう…

PART1・2からの続きです^^

こちら → PART1 PART2  

GWも最終日。 歴史散策を兼ねて愛知県の知立市にある

八橋かきつばた園へ我家の奥様と遠足へ…(笑)

111_2


思い出をいつものように綴っておきましょう^^

ちょっと余談ですが…

GWはやっぱり「安・近・短」でしょ~?(笑)

お弁当とおやつ持参でこれ、鉄則!!

お昼はかきつばたを見ながらの我家の奥様手作り、

必殺、簡単な「おにぎらず」~!!

Img_1149tile

最高に美味しいんですよ(笑)

外で頂く、おにぎらず!!

Img_1150tile

そして、遠足アイテムは…

動きやすいかっこうで!!

L.Lビーンの名前入りオーダートート& アディダスのLAトレーナー、

これも自分でカスタマイズでオーダーしたもの。

イニシャルも入れてあります^^

Img_1219tile

全て世界で自分だけのアイテムです(笑)

この辺はこだわりもって出かけなくちゃね!

ちょっと、脱線^^

PART4に続きます~!

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八橋かきつばた園のかきつばたまつり@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART2

皆さん、御機嫌よう…

PART1からの続きです^^

PART1 → こちら

 

GWも最終日。

歴史散策を兼ねて愛知県の知立市にある

八橋かきつばた園へ我家の奥様と遠足へ…(笑)

思い出をいつものように綴っておきましょう^^

かきつばた祭りは、歴史も古く約60年前から行われており、

期間は4月27日から5月26日まで開催されています。

Img_1118tile


美しい、かきつばた楽しみです…

八橋かきつばた園は、 庭園面積約13.000㎡、

大小16箇所の池(池の合計面積約5.000㎡)があり、

毎年3万本のかきつばたが咲き乱れます。

Img_1119

ここのかきつばたは、平安時代の物語「伊勢物語」の

第9段で在原業平が東下りの途中三河の国八橋で…  

 

ら衣  つつなれにし  ましあれば  

るばる来ぬる びをしぞ思う 」 と詠まれて以来 

1,200年近くの歴史をもつ花であります…。

111_3

 

江戸時代は、鎌倉街道、東海道を旅する人たちが持っていた

今で言うガイドブックに載っていて旅人はここに立ち

寄っていたほど有名なスポットだったらしいです…。

しかし、お土産にとカキツバタの株を根こそぎ持ち去る

人がいて株は絶えてしまったそうです。

それを知らずに来た旅人はとても残念に帰っていった

という話も文献で残されています。

 

その後、あまりにも無残な姿を惜しみ、住職さんが

カキツバタの株を植え現在のようにまた復活したのです。

 

また、まだ昔のカキツバタが群生していた頃、

ここのカキツバタの絵を江戸時代の芸術家・尾形光琳が

「かきつばた屏風」を描いています。

そのモデルになった、かきつばたがまさにここの

かきつばたであります。

 

現在は国宝中の国宝として根津美術館にありますが、

5000円札の裏の絵にもなっています…。

尾形光琳はもうひとつここのカキツバタを

八つの橋と一緒に描いた「八橋図屏風」と言うのが

ありますが、残念なことに日本ではなくアメリカの

メトロポリタン美術館にあるそうです…。

では、そのかきつばたをとくとご覧下さい…

Img_1120tile

 

Img_1129tile

Img_1130

Img_1131tile

Img_1132tile

Img_1133tile

あの山下清画伯も、ここへ来て

写生したのでありました…。

Img_1128

12

Img_1134

Img_1135tile

Img_1136tile

美しい花ですね…

Img_1137

Img_1139tile

Img_1140tile

Img_1141tile

まだまだ、いきますよ…

まさに、見ごろです。

Img_1142tile

Img_1148tile

Img_1155tile

Img_1157

Img_1158

時をタイムスリップさせて…

昔の人々は何を思い、このかきつばたを見たのか?

そんなことを思って見てみると、何か感慨深いですね!

Img_1159tile

Img_1160tile

Img_1162

Img_1163tile

Img_1164

Img_1170

Img_1171tile

Img_1172tile

Img_1173

Img_1174

Img_1176tile

Img_1180tile

Img_1181tile

これでもかとアップしましたが…

いかがですか?

本当に素晴らしいかきつばたでした!

ということで、この辺で次につづきます(笑)

PART3へ…(笑)

 

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWはやはり公共交通機関で!妻との春の遠足^^@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART1

皆さん、御機嫌よう…

さて、GWもつつがなくあけて

GWは楽しく過ごされたでしょうか?

我家は毎年恒例、いつものように「安・近・短」…(笑)

春の遠足で、我家の奥様と二人でちょっと出かけてきました。

行ってきたのは…

歴史散策を兼ねて、「かきつばた」なんぞを

見てきた次第です。

Img_1222tile

GWはどこへ行っても人、人、人…

家でのんびり、まったりが一番ですが、それはそれで

寂しいものがありますからね~!

近場のスポットが一番ですよ!

意外に、こんな近くにこんないいところがあるんだと

再発見できたりするんですよ…(笑)

今年は、5月6日に愛知県知立市の八橋かきつばた園へ…

「かきつばた祭り」 に出かけてきました。

111

実はここ、5000円札の裏のモデルになっている

かきつばたなんです。

あの尾形光琳の国宝にも描かれている場所なんですよ。

本日から数回に分けて、アップしたいと思います…

よかったらお付き合いください(笑)

ということで、GWは車の移動は厳禁。

過去にとんでもない目にあった思い出から

絶対に公共交通機関であります…。

今回も名鉄を使ってね^^

なんせ、こう見えても株主ですから、優待券を使って…

電車運賃がタダですから大きいですよ~

こういう機会しか使えませんからね(笑)

名鉄名古屋駅から特急に乗って…

Img_1113tile

名古屋本線・知立駅で乗り換えます…

Img_1114tile

三河線のワンマン運転列車に乗り換えて…

Img_1115tile

知立駅から2つめの駅が三河八橋駅…

到着であります(笑)

Img_1116tile

こちらの駅、無人駅なのに素晴らしい駅です…

地元が観光誘致のためにかなりお金を

出しているんでしょうね…(笑)

Img_1216

 

さて、この駅から歩いて10分ほど・・・

さっそく、見させて頂きましょうか!

庭園の面積約13,000平方メートル、

16の池(5,000平方メートル)に約3万本の「かきつばた」が

植えられています。

 

かきつばた祭りは、歴史も古く約60年前から行われており、

期間は4月27日から5月26日までで、全国から約12万人程の

観光客が訪れるそうです…

とうことで今回もひっぱりますよ~

次のアップに続きます!PART2へ…

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空の下で頬張る屋台めし!これまた最高@曼陀羅寺「藤まつり」

皆さん、御機嫌よう…

前回のアップからの続きです。

藤まつりの様子 → こちら

GWに入り、我家は恒例「安・近・短」で藤の花を鑑賞に!

愛知県江南市の 「曼陀羅寺」 へ行ったわけですが

すこしご紹介を…

Img_1041tile

国の重要文化財…

浄土宗西山派の寺院。

山号は日輪山(にちりんさん)。

詳名は「日輪山 遍照光院 曼陀羅寺」。

通称「飛保の曼陀羅寺」。

本尊は阿弥陀三尊。

藤の名所として知られるています。

元徳元年(1329年)、後醍醐天皇の命により、天真乗運を

開山として創建されたと伝えているお寺です。

Img_1040tile

Img_1080










Img_1042tile


愛知県江南市は戦国武将のゆかりの地であり

イベントが開催されておりました…

Img_1062tile

Img_1061

そうなんですよ!

このお寺も、あの蜂須賀家政(小六)が幼少時代に

学んだ場所であり、現存する正堂は、寛永9年(1632年)

当地出身で後に徳島藩祖となった蜂須賀家政(小六)に

よって再興されたもので御所の紫宸殿を

模しているんです…。

Img_1079tile

Img_1073tile

Img_1078

Img_1043tile

Img_1074

Img_1075tile

さて、お祭りといったら…

やはり、屋台ですよねぇ~

Img_1082

食べて行こうよ!!

青空の下で(笑)

Img_1081

ということで、美味しそうな粉ものを…(笑)

Img_1084tile

Img_1083tile

新緑からパワーをもらってね…

Img_1077

これぞ!お祭りの醍醐味ですね…(笑)

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花言葉は「歓迎」^^紫に輝く「藤の花」を見てきました@江南市・曼陀羅寺の藤まつり

皆さん、御機嫌よう…。

GWはいかが、お過ごしでしょうか?

我家はいつもながら、これと言って予定はなし。

「安・近・短」であります…。

先日、我家の奥様のリクエストにお応えして

藤の花を見に行って参りました…。

初夏のような最高の天気の中…

Img_1055tile






尾張二大藤まつりのひとつ

愛知県江南市にある曼陀羅寺公園へお連れしました…

14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立された

尾張の名刹曼陀羅寺の隣が、

藤の名所「曼陀羅寺公園」です…。

4月23日~5月6日まで 「藤まつり」 

が開催されてます。

Img_1053tile

Img_1066tile

Img_1064tile

 

4年前に来た時は、全然、咲いてなくて、そのリベンジ^^

4年前の藤まつり投稿 → こちら

 

期間中は、早咲きから遅咲きの中にも、

紫・紅・白と様々な色や、房は長く優雅な花房

短く可憐なもの・八重咲きのものと、たくさんの

種類があります。

園内の約60本が色鮮やかに咲き誇り、

藤の甘い香り楽しめましたよ!

では、素晴らしい藤の花をどうぞ…!

Img_1048tile

Img_1044

Img_1068tile

Img_1065

Img_1045tile

Img_1052tile

Img_1046tile_2

今回は見事、見ごろの満開です!!

まさに紫に輝いてました(笑)

素敵すぎます!!

Img_1057tile

Img_1058

Img_1063tile


日本では古くから、藤を女性に、松を男性にたとえ、

これらを近くに植える習慣があったそうです…

外国の方々にも和の風情を強く感じさせるという藤の花。

たおやかに垂れる花姿は、振袖姿のあでやかな

女性を思わせますものね!

後姿でスイマセン…(笑)

一人たたずみ、魅了されております。

1_2


藤にも色々な種類があるんですね…

Img_1047

Img_1056tile

Img_1054tile

藤の花言葉は…

「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」

なんだそうですよ!

夫婦でこの美しさを共有できたことに感謝です(笑)

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »