« 我家の奥様との遠足でのお昼は「おにぎらず」@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART3 | トップページ | 行列のできる大人気のベーカリー!フランス発のパンをやっと頂くことができました^^@ゴントランシェリエ »

歴史散策にてタイムスリップ!ロマンがありますね^^@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART4

皆さん、御機嫌よう…

PART1・2・3からの続きです^^

こちら → PART1 PART2 PART3 

 

GWも最終日。

歴史散策を兼ねて愛知県の知立市にある

八橋かきつばた園へ我家の奥様と遠足へ…(笑)

111_2

 

思い出をいつものように綴っておきましょう^^

ここは、まさに歴史を感じることができる空間。

平安時代の物語「伊勢物語」の 第9段で在原業平が東下りの

途中三河の国八橋で…

 

詠まれて以来1,200年近くの歴史をもつ花であり

今でもも楽しまれているわけですが…

この方が 「在原業平」


Img_1167tile

平安時代初期の貴族・歌人。平城天皇の孫です。

全百二十五段からなる『伊勢物語』は、在原業平の物語。

そして、ここのかきつばた見て

かきつばたの五文字から…

ら衣  つつなれにし  ましあれば  

るばる来ぬる  びをしぞ思う 」 と

詠んだわけですね…。

平安時代きっての美男子でプレイボーイ

だったらしいですよ(笑)

Img_1166tile

Img_1165

Img_1168

Img_1169

そして、この時期だけ公開している資料館を見学…

Img_1194

伊勢物語の写本

Img_1190tile

Img_1193

Img_1191tile

尾形光琳によって描かれた国宝「燕子花図」の複製…

Img_1192

Img_1189tile

いづれも、この地を訪れて感銘を受けて 誕生したわけで…

非常に感慨深い歴史を体感できました!

今や、5000円札の裏のモデルになっているわけです(笑)

Img_1111tile

そして、この周辺を歩いて…

さらに歴史を体感しようではありませんか^^

Img_1117

鎌倉街道を二人で歩いてみました…

Img_1195

Img_1198tile

古道としての「鎌倉街道」とは、鎌倉時代に幕府のある

鎌倉と各地を結んだ道路網で、鎌倉幕府の御家人が

有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた

道であり、鎌倉時代の関東近郊の主要道の意として

用いられていたそうです。

Img_1199tile

途中、根上りの松に遭遇…

Img_1201tile

根が2mほど持ち上がっていることから、誰いうともなく

「根上りの松」と呼ばれるようになったそうで…。

安藤広重の浮世絵「東海道名所図会」のモデルと

いわれています。

Img_2

今では、目立たない松ですが、当時の旅人達はこの松を

どういう気持ちでみたのでしょうか?

Img_1202tile

Img_1207

Img_1206tile

タイムスリップした気持ちでこの松を眺めてみる…


Img_1205

Img_1204tile

まさに!これまた歴史ロマンを感じる空間に感動!!

また、街道沿いには…

在原業平の供養塔が…

Img_1210tile

Img_1209tile

Img_1208

Img_1211

Img_1213tile

Img_1212

Img_1215tile

最期に、今回の遠足も楽しく無事に堪能させて

頂いたので手を合わせえて帰宅したので

ありました…(笑)

同じ愛知県内にいながら初めてきたわけですが、

まだまだ体験していない場所がいっぱい

あるんだろうなぁ!としみじみ…

いい遠足になりました…(笑)

GWの思い出、これにてお終い!

愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

|

« 我家の奥様との遠足でのお昼は「おにぎらず」@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART3 | トップページ | 行列のできる大人気のベーカリー!フランス発のパンをやっと頂くことができました^^@ゴントランシェリエ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/61617288

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史散策にてタイムスリップ!ロマンがありますね^^@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART4:

« 我家の奥様との遠足でのお昼は「おにぎらず」@5000円札の裏のモデルになった、かきつばたを見に行こうPART3 | トップページ | 行列のできる大人気のベーカリー!フランス発のパンをやっと頂くことができました^^@ゴントランシェリエ »