« やっと食べれた「おめざフェア」にてGET、斬新な食感!杏仁豆腐@「和さび もちもち杏仁」 | トップページ | 今では嬉しくない行事?自分の誕生日@プレゼントはエルメスのカップ »

芥川賞作品を購入して再度読んでみる@「abさんご」

皆さん、御機嫌よう…

先日、久しぶりにふらっと書店へ…

結構、書店にはこまめに足を運んでいたのですが、

キンドルを購入して以来、書籍はデジタルへ…

しかし、アナログな紙の匂いや手触り感は忘れられない

わけで、すると、この時期はいつものようの

このコーナーが(笑)

Img_0331

第148回の芥川賞と直木賞を受賞した作品…

Img_0332

今回、話題になったのは、やはり史上最高齢75歳で受賞した

黒田夏子さんの 「abさんご」 …

この作品は、受賞してから文藝春秋ですぐに読んだのですが

ひらがなが多用され、かなり長めの文が連なってできた断章で、

ある家庭の「昭和」が語られていき、なんか

まだろっこしいという印象しかありませんでした。

しかし、ある方のコラムを読んでいると、この作品には計算

が…

なんてことが書いてあり、このコーナーに来て、

そうだもう一度、読んでみるか!と購入してきました。

キンドル版の電子書籍も2月9日に発売されたのですが

やはり、紙ベースで!

Img_0345

芥川賞選考委員の小川洋子さんが、「選評」のなかで、

こう仰っていました…

“たとえ語られる意味は平凡でも、言葉の連なり方や音の

響きだけで小説は成り立ってしまうと、『abさんご』は

証明している。”と…

Img_0346

自分的には「語られる意味が平凡」だったから、

この小説を読んで、ふーんって感じだったのかも・・・

よく考えると…

「なんでもひらがなで書いている」のではなくて、著者には

「計算」があって、この「横書き、ひらがな多用」を行って

いるんですよね。

「転地」とか「摂食」とか、比較的難しい漢字が残されて

いる一方で、「へや」「ばしょ」は、ひらがなになっています。

それを「面白い」と思ったり、詳細に分析して、読みこなして

みようという気概があれば、もっと楽しく

読めるのかもしれませんね…

再読してみようと思います(笑)







愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

|

« やっと食べれた「おめざフェア」にてGET、斬新な食感!杏仁豆腐@「和さび もちもち杏仁」 | トップページ | 今では嬉しくない行事?自分の誕生日@プレゼントはエルメスのカップ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/56857076

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞作品を購入して再度読んでみる@「abさんご」:

« やっと食べれた「おめざフェア」にてGET、斬新な食感!杏仁豆腐@「和さび もちもち杏仁」 | トップページ | 今では嬉しくない行事?自分の誕生日@プレゼントはエルメスのカップ »