« GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART1 | トップページ | GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART3 »

GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART2

今年のGWも、やはり「安・近・短」・・・

愛知県の焼き物の街 常滑散策でありますが

PART1からの続きです → こちら

さて、散策の前にランチで腹ごしらえでありますが(笑)

我家のルール、「恒例月いちランチ」のお勤めを・・・

月一回、必ず我家の奥様を私のお小遣いでお店を

チョイスして接待するというもの。

今回も十分に下調べして奥様をお連れしましたよ・・・(汗)

今回、お連れしたのは・・・

「創作料理 阿雲」


Img_8971

すごい風情があるといいますか、いい空間で食事

できるお店を選びました・・・。

それもそのはず、築140年の古民家を改装したお店

なんです。

Img_8973

このお店、すぐ県道をはさんで常滑港があるのですが

江戸時代から明治時代にかけて、廻船問屋として

使われていた古民家であります。

常滑市の中心の住宅街にひっそりある、知る人ぞ知るって

感じのお店ですね・・・

車で行くと、看板も出てないからわかりづらいかな。

Img_8972

Img_8976

お庭も枯山水、いい感じです・・・

 

Img_8974

 

お昼の部の開店は11:30~14:30

到着したのは、開店10分前。

GWだし予約もしてないし、入れないといけないから開店前

から来店したのですが、いい意味であてがはずれて

1番乗りでした・・・。

このお店、どちらかというと観光客というより地元のマダム

に人気でいつも満席らしいのですが、GWが逆にラッキー

だったのかも。

この日は数組のお客様だけでした。

さて、入ってみましょう(笑)・・・

Img_8975

ん~実に味があるぅ・・・。

Img_8979

店内はこんな感じです・・・

個室になる部屋もあり、接待に使ったらいいかも

夜の懐石料理にもぴったりな感じですね・・・

Img_8978

Img_8984

通されたのは情緒ある和室の部屋・・・

Img_8980

Img_8981

どうです、いい感じでしょ・・・

Img_8983

BGMには、レトロなまさに明治時代にタイムスリップしたような

音楽が最高にこの空間とコラボしていました・・・。


Img_8982

このお店はこだわりがあって、料理もさることながら

常滑市を中心に活躍されている陶芸作家の作品を

使っておもてなししてくれます。

また、料理は調味料など添加物を一切使わず、季節ごとの

山の幸、海の幸を使い手間暇かけて作ってくれるそうです(笑)

夜の部だと、完全予約制でお値段もかなりかかりますが

そこはランチ!

最高のコスパで頂けちゃうんですよ(笑)

ランチは5種類ほどあるのですが、すべて¥1,100・・・

奥様は一番人気の「鯛めし」私は「天むす」をオーダー。

さて、では頂きましょう・・・

「天むす」


Img_8985

内容は・・・

「天むす」


鯛めしで握ってあり、中の海老はパリパリ

風味と食感が今まで味わったことないぞ(笑)

Img_8986



「鯛の荒炊き」


オープン以来、同じ出汁で炊き続けているそうで絶品

この甘いタレは最高!このタレだけでご飯何杯でもいける

ぐらい。

Img_8988



「肉じゃが」


これまた上品な味・・・

口コミではここの料理は全体的に濃く、辛いと評価

する方も多かったですが、全然そんなことありません。

素材の旨みがでる繊細な味付けでしたよ。

器も味わい深い!

Img_8990



「生もずく」


生もずくに温泉卵、竹の子のコラボ、斬新です。

お味も酢の具合もベスト、食感も楽しめ実に食欲をそそる。

Img_8989




「しじみ汁」


こちらも繊細かつ上品で料理を引き締めてくれます。

Img_8987

奥様の「鯛めし」は天むすが鯛めしに変わるだけで

後は同じです・・・。

Img_8992



「鯛めし」


鯛の骨を焼いて野菜や昆布を入れて丁寧にダシを

とっているだけあって風味抜群でした。

Img_8991

料理的には、あっと驚く料理ではありませんが

建物の醸し出すレトロな空間にはピッタリ!

非常に静かな時を過ごすことができて空間と料理を

演出することにより、「時間」というものを感じることが

できるお店でした・・・。

そして、最後にコーヒーもしくはゆず茶がつくサービス。

期待していなかったコーヒー、意外にもインスタントではなく

本格的なコーヒーで大満足。

Img_8993

ただ、残念だったのは、料理からコーヒーが出てくる

時間のいい加減さ。

店内は忙しくないのにその辺の心配りがただ残念でした・・・。

しかし、このコスパなら許せる範囲です(笑)

ということで風情ある常滑の街散策に花を添えてくれる

お店で、奥様も喜んでくれ大成功な月いちランチでした(笑)

では、常滑の街を散策に出かけましょう・・・

次回に続く、あしからず。








愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ

創作料理 阿雲創作料理 / 常滑駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART1 | トップページ | GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/54638401

この記事へのトラックバック一覧です: GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART2:

« GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART1 | トップページ | GWは「安・近・短」恒例、妻との月いちランチを兼ねて@焼き物の街「常滑散策」PART3 »