« 韓国旅行(10)@ランチはセマウル食堂「狎鴎亭ロデオ店」にて絶品・豚焼き肉^^ | トップページ | 韓国旅行(12)@ソウルを代表するトレンドスポット「カロスキル」を散策^^ »

韓国旅行(11)@狎鴎亭(アックジョン)散策中にちょっと考えさせられた「島山公園」

アンニョンハセヨ~♪

韓国旅行日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  

からの続きであります・・・(笑)

さて、焼肉を頂いて、お腹は大満足!次は何処へ?

我家の女性陣によると「カロスキル」という通りに行くと

いうことで途中、狎鴎亭(アックジョン)の街を西に向かって

新沙洞(シンサドン)のあるカロスキルを目指し歩きながら

ウインドウショッピングを楽しみ散策して移動しました・・・。

(歩くと結構な距離でもうヘロヘロ)

Img_8412

しかし、ほんとうにハイセンスな街であり、あちらこちらに

高級ブランドショップや流行のショップ、グルメ店が

あります・・・。

前記事にも書いたように、この地区には多くの芸能事務所が

あるだけに、その類のお店もあり韓流スター好きの日本人女性

を多く見かけましたよ(笑)

例えば、こちら・・・

今では、日本を席巻している韓流、ブームは落ち着いたにせよ

K-POPなんかは日本を席巻してますからね(笑)

「MANGO SIX」


マンゴージュースがメインメニューのデザートカフェ

私は詳しくしりませんが、芸能事務所が運営しているお店

だそうでコン・ユという俳優がイメージキャラクターに

なっていて人気のお店らしいです・・・

Img_8322

Img_8323

こちらは・・・

「ゴリラ・イン・ザ・キッチン」


あの、ヨン様がプロデュースして経営しているお店

もともと料理に関心の高かったペ・ヨンジュン氏が、健康食の

重要性を実感、「ダイエット中も行けるレストランがあれば」と

思いつき、コンセプトからメニュー作りにまで加わったという

お店だそうです。

どうせ、日本人観光客ばかりじゃないのと思いきや

地元ソウルっ子にも人気があるようです。

Img_8336

どうする?入ってみると女性陣に尋ねると・・・

料理は気になるけど、ヨン様には興味ないからと却下(笑)

コーヒーぐらい飲みたかったのはありますが

とりあえず、どっぷりミーハーな旅ではないようでちょっと安心。

すると・・・

何やら異空間な公園がヨン様のお店の前に

地図では広い公園があると確認はしていたものの・・・

島山公園(ドサン公園)」


Img_8335

Img_8326

気になったので、ちょっとその公園を覗いてみることに・・・

Img_8325

島山先生追悼との垂れ幕が・・・

この公園はただの憩いの公園ではない感じ

Img_8331

Img_8328

かなり広い公園です・・・

Img_8332

Img_8330

銅像が建っていたり・・・

Img_8327

Img_8329

石碑が建てられたりしていて・・・

Img_8333

Img_8334

何やら記念館まで建てられています・・・。

よほどこの地に貢献した方なんだとは察することは

できましたが・・・

Img_8324

垂れ幕にしろ、石碑にしろ全て漢字で書かれていたので

日本と何か関係があるはず・・・?

奥様に尋ねても、そこまではリサーチしていないとのこと

その日は一日、この公園のことが気になって気になって・・・

その夜、ホテルにもどり、ネットで調べることに・・・

Img_8413

iPhoneで無線LANに接続・・・

ビジネスの時なんかもそうですが、ちょっとした情報なら

PCより便利ですからね(笑)

調べてみると、色々なことがわかりちょっと

考えさせられたかな・・・

この公園は1973年に朝鮮独立運動家の

安昌浩(アン・チャンホ)という方を記念した公園でありました。

安昌浩の号が「島山」で、これが公園の名前になっているため、

これまでソウルの地図を見てもこの公園と安昌浩の関係に

ついて全く気がつきませんでした。

安昌浩と言えば、度重なる投獄にも関わらず、

日本帝国主義との戦いに一生を捧げた韓国独立運動の

指導者で、「韓国のガンジー」とも呼ばれている方です。

そういえば、アトランタにあるキング牧師ゆかりの

「世界人権 名誉の殿堂」にアジア人で初めて殿堂入りする

という新聞記事を去年、読んだことを思い出したのです。

安昌浩は1878年生まれ。1894年の日清戦争により

朝鮮半島における日本の影響力が増すと、彼は

「独立協会」に加入し、各地で啓蒙演説を行い、国民の

教育のために学校も創りました。その後アメリカに渡るも、

1905年第二次日韓協約により祖国が国権を失うと、

帰国し抗日秘密結社「新民会」を創立し、種々の啓蒙活動や

産業振興運動を通して、国権回復運動を進めて行きました。

1905年、日本の内閣総理大臣であり、

韓国統監府初代統監でもあった伊藤博文がハルビンで

安重根に暗殺され、安昌浩はその背後の人物と疑われて

逮捕され、3か月にわたり激しい拷問を受けたそうです。

安昌浩はアメリカに亡命し、新民会も武力で日本に抵抗して

いくことになり、1919年、3.1独立運動が起きると、

彼は上海で臨時政府の立ち上げに関わり独立新聞を創刊。

1931年韓国対日戦線統一同盟を結成しましたが、

翌年日本軍に2度目の逮捕をされ、結局祖国の独立を

見ることなく、1938年に亡くなったそうです。

私の世代でも、伊藤博文が安重根に暗殺されたこと

ぐらいは歴史の授業で習いましたが、ここまではね・・・

安昌浩は亡くなる数日前に病床でこう言ったと

されています・・・

「日本は度を越した大戦争を始めたので、結局はこの戦争に

敗亡する。どんな困難があっても耐え抜きなさい。」

そして獄中、日本の官憲にこう言ったとの記録も

残っているそうで・・・

「私は本当に日本が亡びるのを願っているのでなく、

良き国になることを願っているのである。隣の大韓国を

踏みにじるのは、決して日本の利益にならないだろう。

恨みを抱いた2千万人を無理に自国の中に包括するより、

友情ある2千万人を隣国の国民として置くほうが、日本に

とって利得あることである。」

何かこれを読んだ時に、考えさせられましたね・・・

私を含めて、今や韓国ブームで多少なりともミーハーな

気持ちで韓国を訪れる方も多いでしょう・・・

ましてやこの公園が意味するところをどれぐらいの

日本人は知って横切っているのでしょうか・・・

当時のことは世界は帝国主義でお互いに国益のことを

考えると、両国なりの言い分はあるものの

安昌浩が望んだような日本と韓国は「友情ある隣人」同士に

なったのだろうかと思ったりもした次第です。

今日もネットで世界のニュースを読んでいると日本では

ニュースにもなりませんが韓国の3大紙、中央日報なんかは

米議員の「日本の従軍慰安婦は性的暴行だった」なんて

記事がトップにきているほどで、国内だけで情報を

得ることは勿論大切ですが海外から広い視野で物事を

観ることの重要性を再認識させられたりもしています。

逆に、今日の日本のニュースを見ていると日本大使館が

去年の大震災の後、すぐに人なりお金なりの支援をしてくれた

韓国国民に対して、韓国3大紙の新聞に感謝の新聞広告を

載せたなんてニュースもあったり・・・

世界が不安定な時代に突入している昨今、その辺りは意識

していかなければなぁ、なんて・・・

というように当日のその夜はホテルでBGMに

クールJAZZを流しながらネットで調べたわけでした(笑)

でも、旅行って動機はどうあれ、その土地に興味があるから

行くわけで、周りに迷惑をかけず楽しむにこしたことは

ないんですよね・・・

ただ、国内にしろ国外にしろ歴史・背景がわかると色々な

ものが観えてくるには違いないですね(笑)

さぁ、難しく考えず、楽しんで次!行きましょう・・・

まだ、続くんですよ、あしからず。










愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

|

« 韓国旅行(10)@ランチはセマウル食堂「狎鴎亭ロデオ店」にて絶品・豚焼き肉^^ | トップページ | 韓国旅行(12)@ソウルを代表するトレンドスポット「カロスキル」を散策^^ »

韓国旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/54178223

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国旅行(11)@狎鴎亭(アックジョン)散策中にちょっと考えさせられた「島山公園」:

« 韓国旅行(10)@ランチはセマウル食堂「狎鴎亭ロデオ店」にて絶品・豚焼き肉^^ | トップページ | 韓国旅行(12)@ソウルを代表するトレンドスポット「カロスキル」を散策^^ »