« 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART2 | トップページ | 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART4 »

今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART3

さて、今回の我家の奥様との恒例、月いちランチ・・・

「妻籠・馬籠」にて(笑)

前記事につづいて、今回はランチ編です。

前記事 → PART  


ランチをしたのは、「馬籠」・・・

馬籠といったら、岐阜県中津川。栗がおいしいんですよね。

栗きんとんは中津川が発祥地で、やはり栗は外せません。

栗きんとんはまた後ほどご紹介するとして、秋の味覚を

頂いたお店は・・・

「大黒屋茶房」 さんです

Img_7463

Img_7462

このお店は大変、有名で「栗おこわ」は美味との評判が

高いんです(笑)

Img_7461

風情のあるたたずまいです・・・

Img_7480

もともと、この大黒屋さん、街道時代は造り酒屋だったとか・・・


ですから、今でもその名残りが。

これハチの巣じゃないですよ(笑)そうです杉玉なんです。

Img_7465

この杉玉は杉の葉を丸く固めたもので

「今年の新酒ができました。またよろしくお願いします。」

という造り酒屋のPRなんですね、ちょったした雑学でーす。

さて、では入ってみましょう・・・

店内はこんな感じです。

Img_7479

Img_7466

Img_7477

この大黒屋は、あの文豪・島崎藤村の生家(現在は記念館)

のお隣りにあります。

島崎藤村の初恋の人で詩にも読まれたおゆうの実家でもあり

10代目大脇兵右衛門信興は1826~1870年の間、日記を

つけていて、その日記は島崎藤村の『夜明け前』の

資料となったとのこと。

そして、あの小説「夜明け前」では栗おこわめしが登場します。

ということで、ここへ来たのは「栗おこわ」を食べるため・・・

Img_7470

「栗おこわ」・・・

Img_7471

もっちもちのおこわにホクホクの栗!

これは絶品です(笑)

これだけおいしいおこわは、ここに来なきゃ食べれませんね。

Img_7476

「山菜」・・・

山菜も地元のものなのかな?

んー、これもイケる。

Img_7472

「岩魚の甘露煮」・・・

美味しい~

Img_7473

「お吸い物」・・・

これも上品な味。

Img_7475

「姫リンゴのワイン煮」・・・

はじめて食べましたぁ。甘~い。

Img_7474

まさに、秋の味満載!!

来たかいがあったというもの(笑)

メニューはこんな感じです。

意外におそばが気になったのですが、さすがにこれ以上

おそばは食べれませんからちょっと後悔。

Img_7478

また、お土産コーナーもあって見どころありでした・・・

Img_7481_2

秋の味覚って、本当に美味しいですね!

美味しいものを頂いて風情ある美しい景色を見て

隣には愛する妻がいる・・・

感謝にたえませんね。

まだまだ、続きますよ!あしからず・・・・(笑)










愛犬モコですポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

大黒屋茶房甘味処 / 落合川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART2 | トップページ | 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/53362854

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART3:

« 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART2 | トップページ | 今月の妻との月いちランチデートは秋の味覚を求めて@江戸時代へタイムスリップ「妻籠馬籠」PART4 »