« 世界の民芸品やお土産を堪能@野外民族博物館・リトルワールド | トップページ | アルパカに癒されサーカスにアンデスを感じる@野外民族博物館・リトルワールド »

謎のアンデス文明5000年展@野外民族博物館・リトルワールド

さて、まだまだ続くわけですが(笑)

今回は屋内展示のご紹介です・・・

とりあえず、野外展示は

こちら → PART1 PART2 PART3 PART4

をご覧ください!


世界遺産マチュピチュ発見100周年記念として

「謎のアンデス文明5000年展」

が開催されてました・・・。

Img_6998

今回の展示は、初の大型展示で投資規模は通常イベントに

投じる2~3倍の規模で集客増加を狙ってます・・・

実は、ここリトルワールドは全国のテーマパークと同じで

テーマパーク不況で、2005年に新聞で閉鎖予定なんて

存続の危機がありました。

愛・地球博の影響で入場者が増加して、今では、なんとか

もちなおしています・・・。

やはり、人を呼ぶには、このようなスケールの大きいイベント

をやるべきですね(笑)

内容は、時空を超えて南米ペルー、アンデスから発見された

摩訶不思議な遺物の数々です・・・。

Img_6999

ちょっと覗いてみました・・・。

Img_7017

Img_7014

結構、貴重な資料がそろってましたよ。

なんせ5000年も前の文化なんですからね・・・

Img_7000

Img_7001

Img_7002

Img_7003

Img_7004

Img_7005

Img_7008

Img_7009

Img_7010

ご存じナスカの地上絵・・・

Img_7007

地面に降りると、こんな感じで石が並べられているんですね。

Img_7006

縄のネットで包まれた石・・・

なんと、本邦初公開です(笑)

Img_7011

南米大陸の最古級の遺跡「ラス・シクラス」の神殿の

一部だそうです・・・

Img_7012

こちらは「キープ」。

文字を持たないインカの人々は縄に結び目をつけて

人口、家畜、食料を記録していたそうです。

Img_7013

なぜ、頭部に穴が???

実は、アンデスでは脳外科手術がかなり古くからおこなわれて

いたようです・・・

切断面には再石灰化が見られ術後、しばらく、この人は

生きていたらしい。

Img_7015

美少女のミイラ・・・

アンデスで発見されたミイラのうち、もっとも可愛いと

形容されているそうです。

Img_7016

実に貴重な資料が公開されてました。

そして最後に幅20m、高さ4.3mの大パノラマ映像をバックに

記念撮影です(笑)

Img_7018

Img_7023

いつか行ってみたい世界遺産ですね・・・。

そして、常設展示コーナーへ・・・

Img_7024

本館展示では、世界70ヶ国から収集した豊富な民族資料の

中から約6,000点を常設展示している。

展示場は進化、技術、言語、社会、価値の5つに分かれ、

展示室ごと、テーマに従って世界全体を眺めることができます。

また、テレビ映像や音響を配して、それぞれの展示資料が

実際の生活でどのように使用されているか理解することが

できるようになっています。

進化・・・

Img_7025

Img_7026

Img_7027

Img_7028

Img_7030

技術・・・

Img_7032

Img_7033

Img_7034

言語・・・

Img_7035

Img_7037

社会・・・

Img_7038

Img_7039

Img_7040_2

Img_7041

価値・・・

Img_7042

Img_7049

Img_7043

Img_7044

Img_7047

Img_7050

Img_7048

Img_7045

Img_7052

Img_7051

というように、ちょっとマニアックなものばかりですが・・・

すごい豊富な資料にも関わらず、本館展示はあまり人気

がないようです。

しかし、ある人の読み物で読んだのですが、映像資料や

色々な資料をDVDなんかにして販売したら、その道では

数万円の値段がつくほどのものとか・・・。

一度は見る価値ありでしょう(笑)

どうしても、この手のテーマパークは、人気がでません・・・

先日、TVで長崎のハウステンボスの特集をやっていましたが

18年間、赤字だったハウステンボスを黒字に復活させた

社長・澤田秀雄氏。あのHISの澤田氏でありますが

2010年4月から就任して復活。

やはり、オランダの街並みにあまりにもこだわり、テーマが

一本やり・・・

中に入れるお店も、全くオランダとは関係ないお店を

入れたり、今までの既成概念を破って成功した・・・。

最近では、リトルワールドもあの手この手で集客していますが

民族博物館というテーマに縛られると、どうしても幅は狭くなる

せっかく、すばらしい施設や建物があるのだから

この既成概念とやらを取り払って、運営してみては?

ハウステンボスにヒントがあるような・・・。

愛犬モコです!

ポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

|

« 世界の民芸品やお土産を堪能@野外民族博物館・リトルワールド | トップページ | アルパカに癒されサーカスにアンデスを感じる@野外民族博物館・リトルワールド »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/52964916

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のアンデス文明5000年展@野外民族博物館・リトルワールド:

« 世界の民芸品やお土産を堪能@野外民族博物館・リトルワールド | トップページ | アルパカに癒されサーカスにアンデスを感じる@野外民族博物館・リトルワールド »