« お気に入りのシルエットな白シャツ見つけた!@バナナリパブリック | トップページ | プチ世界旅行感覚で世界の情緒を楽しめたかな@野外民族博物館・リトルワールドPART2 »

プチ世界旅行感覚で世界の情緒を楽しめたかな@野外民族博物館・リトルワールドPART1

今の季節はまさに、秋の行楽シーズン、最高の季節ですね・・・

本日はその行楽気分を満喫してきました(笑)

世界旅行??

なわけないですよね(笑)

いつかはといったところですが、本日はその気分だけ

味わってきました。

いつものように、愛する我家の奥様とのデートです。

行ってきたのは・・・

「野外民族博物館 リトルワールド です。

Img_6995

朝早くから、奥様特製のお弁当持参で出発・・・

ドライブがてら、名古屋から国道41号線を走り、途中、犬山から

尾張パークウェイを走ること1時間少々で到着。

Img_7199

世界各地から集めた4万点の民族資料と22カ国、31施設の

野外展示家屋を有し、『生きた博物館』として、世界の生活や

文化に手軽に触れ、学ぶことができ、そのすばらしさを

味わうことがでる施設です・・・。

本日もかなりの学校が遠足で来園してました。明日からの

連休はすごい人なんでしょうね・・・

Img_7198

Img_7196

Img_6997

リトルワールドは、愛知県犬山市と岐阜県可児市にまたがる

緑ゆたかな愛岐丘陵の中に、123万平方メートルの敷地を有し、

世界で初めての野外民族博物館として昭和58年3月に

開館しました・・・。

ちょうどこの場所が県境い(笑)

Img_7176

向こうに薄く見える山は御嶽山です・・・

Img_7177

実は、ここに来るのは3回目。

一回目はオープンしたての昭和58年、今の奥様がまだ

彼女だったころ・・・

オープンしたては、まだ造成したてで展示もちらほら。

二回目は今から20年前のGW、まだ子供達がベビーカー

に乗っているころ・・・

朝いちで出発したにも関わらず、GWで車は渋滞、閉館

1時間前に到着でほとんど楽しむことはできず・・・

という思いでの場所です(笑)

今回はやっとといいましょうか、ゆっくり、世界の情緒を

味わうことができました(笑)

今日から数回にわけて、ご紹介したいと思います・・・

さて、行ってみましょう!!最初は日本、沖縄からスタートです。

「石垣島の家」・・・

南西諸島にある亜熱帯の島、石垣島に約120年前、

琉球王国時代の士族の家として建てられたものを

移築したらしいです。

Img_7054

門の前に石碑が?こちらは魔除けらしいです。

Img_7053

Img_7056

Img_7057

Img_7055

Img_7058

こちらはおなじみ、魔除けのシーサーですね・・・

Img_7059

Img_7060




「アイヌの家」・・・

日高地方、沙流川上流の二風谷アイヌに、19世紀末ごろまで

見られた伝統的な家屋らしいです。

Img_7061

Img_7063

Img_7062

明治時代に本格的な農耕が始まるまで、シカ・クマ・サケ・

山菜などの豊富な動植物を巧みに利用して暮らして

いたんですね。

Img_7064

ここからは海外かな?

「台湾 農家」・・・

中国大陸から移住した福建系漢族が住む伝統的な農家です

Img_7065

Img_7066

Img_7067

台湾は道教ですね・・・

Img_7068

Img_7069

Img_7070




「北アメリカ ナホバの家」・・・

北米大陸中央部の大平原に暮らした30部族ほどのインディアン

が利用した移動式住居。獲物を求めて移動を続ける生活には

大変便利でしたが、生活様式の激変にともない、現在では住居

として使われることはなくなったそうです。

Img_7072

Img_7073



「アラスカ トリンキッドの家」・・・

アラスカ東南部の海岸地帯で、採集狩猟を行なっていた

トリンギットの伝統的な家屋です。短い夏の間は2~3家族ほどの

集団に分かれ、豊富な海や川、森の幸を求めてキャンプ生活を

していますが、冬の間には一族40人ほどが集まってこのような

家に住むそうです。

Img_7075

 



「ポリネシア ミクロネシアの家」・・・

サモア諸島に住むサモアの人々の住まいだそうです。

Img_7095

Img_7146

Img_7144

Img_7145

Img_7148

Img_7149

さて、これはなんでしょうか?

世界で一番大きいお金だそうです(笑)

150年も前に作られたものらしいです。

Img_7097

Img_7096

運ぶ時は、木をさして運ぶ、原始的ですね。

Img_7147

ということで本日はここまで!続きはPART2で・・・

1周2.5kmの周遊路に沿って、現在22ヶ国、31施設の家が

移築・復元されているわけで、見学の所要時間は

1周コースが約2時間です。

どうでしょう、これで4分の1ぐらいかな?

今回のデートは、夫婦そろって歩きながらの「合言葉」

ダイエット、ダイエット、ダイエット・・・

 

を掛け声に楽しんだ次第です(笑)

合言葉はまだまだ続きます、あしからず・・・。

愛犬モコです!

ポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

|

« お気に入りのシルエットな白シャツ見つけた!@バナナリパブリック | トップページ | プチ世界旅行感覚で世界の情緒を楽しめたかな@野外民族博物館・リトルワールドPART2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/52932339

この記事へのトラックバック一覧です: プチ世界旅行感覚で世界の情緒を楽しめたかな@野外民族博物館・リトルワールドPART1:

« お気に入りのシルエットな白シャツ見つけた!@バナナリパブリック | トップページ | プチ世界旅行感覚で世界の情緒を楽しめたかな@野外民族博物館・リトルワールドPART2 »