« 最終章・2011秋冬コレクション@ 「+J」購入してきました・・・。 | トップページ | ポタリング@岩倉市を深いところまで散策!山内一豊生誕地に行ってきた・・・。 »

ポタリング@意外な所に意外なものあり・・・。

いよいよ、暑い夏から抜け出し、過ごしやすい秋が

到来しました・・・(笑)

食欲の秋、運動の秋・・・など秋はなにをやっても絵になる

季節であります。

そして、ポタリングも絶好の季節です(笑)

愛車、ビアンキを購入して早、1年になりました・・・

家族から、どうせ、いい自転車を買ってもすぐ飽きると散々

言われながらも、すっかり趣味として定着したのです(笑)

Img_6910

そんな中、先週はあてもなく、ビアンキ君に乗り、ポタリング。

気が付いたら、愛知県岩倉市付近をウロウロ・・・

歴史の街でありますが、立派な門に引き寄せられました。

Img_6908

Img_6904

岩倉市は五条川沿いをよくポタリングしますが、

このお寺の存在は、知りませんでした・・・。

行ってみると・・・

なんと親鸞聖人のゆかりのお寺らしいではありませんか?

Img_6903

親鸞といえば、現在、中日新聞をはじめ、全国の地方新聞で

五木寛之作「親鸞」の連載をしていて、とりあえず、目を

通していますが、鎌倉時代の浄土真宗の宗祖であります・・・。

750回忌ということで、新聞や展覧などあちこちで開催

されてるのですね・・・。

このお寺の名前は 「正起寺」 といいます。

まさに、親鸞ゆかりの地!!・・・?

親鸞聖人御○跡とあるのですが?

Img_6909

門をくぐって境内に入ってみると・・・

親鸞聖人像まであります。

Img_6905

Img_6907

Img_6906

しかし、親鸞聖人がこの地でどういうゆかりがあったのかが

全くわかりません???

帰宅後、すぐに調べたのですが、どこにもこのお寺と

親鸞聖人の関係が載ってないのです・・・。

ただ、意外なことに、調べ物をしたおかげで、歴史の勉強に

なりました(笑)

あの、二・二六事件に関係があるのでありました・・・。

二・二六事件は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日

にかけて、日本の大日本帝国陸軍皇道派の影響を受けた

青年将校らが1483名の兵を率い「昭和維新断行・尊皇討奸」を

掲げて起こしたクーデター未遂事件でありますが・・・。

「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに、武力を以て元老・重臣

を殺害すれば、天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗と考え

る政財界の様々な現象や、農村の困窮が収束すると考えていた

青年将校が高橋是清大蔵大臣をはじめとする、政府首脳を

殺害しました・・・。

その時、殺害された渡辺錠太郎(陸軍教育総監)のお墓が

ここ正起寺にあったのでありました・・・。なぜ、岩倉に?

そして、調べてみると・・・

岩倉市教育委員会によると、渡辺錠太郎は明治7年(1874)

に小牧市で生まれ、19歳のときに母親の里である岩倉市の

渡辺家の養子になったそうで、子どもの頃から読書家で、

独学で陸軍士官学校にトップ合格。

高官となっても岩倉と故郷の青年たちを愛し書籍の寄贈や

講話を行った。陸軍内の派閥に属さず、極端な

国粋主義的風潮をいましめ、「非戦」を悲願としていた

とあります・・・

ということで、彼が愛した故郷にお墓があるのですね・・・。

意外な場所に意外な発見があるもので、ポタリングから

二・ニ六事件の勉強へと発展した次第です(笑)

これからも、その意外を求めて、あてもなくポタリングするのも

ひとつの楽しみなんでしょうね・・・。

しかし、親鸞聖人とこの正起寺の関係が気になる・・・・?

愛犬モコです!

ポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

|

« 最終章・2011秋冬コレクション@ 「+J」購入してきました・・・。 | トップページ | ポタリング@岩倉市を深いところまで散策!山内一豊生誕地に行ってきた・・・。 »

Bianchi(ビアンキ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/52863583

この記事へのトラックバック一覧です: ポタリング@意外な所に意外なものあり・・・。:

« 最終章・2011秋冬コレクション@ 「+J」購入してきました・・・。 | トップページ | ポタリング@岩倉市を深いところまで散策!山内一豊生誕地に行ってきた・・・。 »