« 今月の妻との月一ランチデートは豊田市へ@豊田市美術館 | トップページ | 奥様との恒例、月一ランチデートはお腹いっぱいイタリアンで@豊田市「トワイス」 »

豊田市美術館@フェルメール「地理学者」とオランダ・フランドル絵画展

恒例、今月の我家の奥様との月一ランチデートは

愛知県豊田市の 「豊田市美術館」  へ出かけた

わけでありますが・・・

そうです、あのトヨタ自動車の本社がある市。

6/11~8/28まで 

「フェルメール「地理学者」とオランダ・フランドル絵画」

が開催されてます。

楽しみにしておりまして・・・

あらかじめ、名古屋市美術館で開催される「レンブラント」との

共通前売り券を購入してありました(笑)

Img_6474

では、月一のランチデートで行こうとあいなったわけです(笑)

この絵画展は豊田市の市制60周年の記念行事で

あります。

Img_6471

Img_6444

Img_6451

Img_6450

Img_6446

今回の作品群は、ドイツ・フランクフルトにある

シュテーデル美術館の所蔵のものでヨーロッパでも屈指の

オランダフランドル絵画のコレクションを有しています。

今回、改装工事に伴い、約200年の開館以来まとめて作品が

貸し出されるのは初めてで、貴重な機会なんです。

Img_6447

Img_6448


なんと全作品95点のうち、90点が日本初上陸なので

あります!

“最初で最後のコレクション展”と言われているんです・・・

これは絶対に観ておかなきゃですね。

今年の夫婦の目標!「いいものを自分の眼で見て体感しよう」を

合言葉に今年は、積極的に絵画展に出向いているわけですが(笑)

やはりすばらしかったですね・・・。

なんといってもフェルメールの絵には吸い寄せられました・・・

「地理学者」 1669年製作

Vermeer_geograf00

今回の絵画展、フェルメールといっても

作品はこの「地理学者」1点のみなんです・・・。

なんせ、フェルメールの作品はこの世に30数点しか

存在しておりません。

フェルメールの作品のうち、2点しかない男性単身を描いた

うちの1点です。

ひとつひとつの光点の消えゆく輪郭などはフェルメール典型的な

描き方であり、この人物にまさに、今生じているであろう

自己内省ないしは、ひらめきを表しているところなど

実物の絵から、ひしひしと伝わってきました・・・。

そして、オランダ・フランドルの作品から大航海時代に旺盛を

極めた生活などを感じ取ることができたわけで(笑)

大満足でありました・・・。

恒例、帰りには、グッズ売り場を覗いて(笑)

Img_6449

記念に公式図録を・・・

Img_6476

Img_6477

公式カタログは絵画展の作品が全部載っていて、解説が・・・

これはこれでコレクション癖になりそうです(笑)

帰宅後は図録と解説を読んで復習です・・・

Img_6478

Img_6479

奥深いところまでわかると、一枚の絵がまた

違って見えてくるものですね・・・

Img_6480

Img_6481

やはり、本物の絵は、いいですね・・・。

作者の筆使いがわかり、何を表現したいのかなどが、素人なり

にも感じることができるぐらい、凄いものなんですね・・・。

レンブラントも楽しみだなぁ(笑)

次回の記事は豊田での奥様とのランチネタなど・・・

あしからず(笑)


愛犬モコです!

ポチっとお願い☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村

|

« 今月の妻との月一ランチデートは豊田市へ@豊田市美術館 | トップページ | 奥様との恒例、月一ランチデートはお腹いっぱいイタリアンで@豊田市「トワイス」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/52084235

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田市美術館@フェルメール「地理学者」とオランダ・フランドル絵画展:

« 今月の妻との月一ランチデートは豊田市へ@豊田市美術館 | トップページ | 奥様との恒例、月一ランチデートはお腹いっぱいイタリアンで@豊田市「トワイス」 »