« テレビ購入@エコポイント・3月決算で日本を回せ! | トップページ | 愛の画家・マルクシャガール@版画展inメナード美術館 »

ストレスフルな生活から解放してくれる癒し空間@メナード美術館

先日、日頃のストレスから解放してくれる空間に・・・

愛知県小牧市にある 「メナード美術館」

に我家の奥様とドライブを兼ねて出かけてきました。

Img_5800

実は今、この美術館で「シャガール・版画展」が開催されて

いて招待券に当選して足を運びました(笑)

「当選記事」

Img_5801

Img_5798

メナードというとメナード化粧品。残念ながら男性にはなじみ

がないのですが、本社が名古屋市中区にある国内化粧品

メーカーであります。なじみがないのですが私が子供の頃

母親がメナード化粧品を使っていて、メナードレディーといわれる

綺麗な女性が家に来ていたのでよく覚えていました・・・。

かれこれ40年前になるでしょうか。

そうです、メナードは店頭販売ではなく訪問販売で事業を展開

しているんですね・・・。

その創業者の野々川夫妻が中心となってコレクションした美術館

が「メナード美術館」です。1987年に開館しています。

Img_5802

Img_5796

Img_5799

こじんまりした一階建ての美術館です・・・。

入口の玄関も雰囲気がありますね!

Img_5795

Img_5794

Img_5803

さて、中へ入ってみましょう・・・

Img_5793

なんとこの美術館には印象派以降の西洋絵画、明治以降の

日本人作家による日本画・洋画を主体に版画、彫刻、工芸

などの美術品を1400点も収蔵する美術館なんですね・・・。

中へ入ると・・・

収蔵コレクションの一部が展示してあります。

コレクションコーナーの展示作品は定期的に入れ替え

られて展示されるらしいです。

Img_5783

常設展示コーナー

いきなり、「マリオマリーニ」の「馬と騎手」

Img_5778

マリーニといえば、現代イタリアの彫刻家でした・・・。

ライフワークとして追及し続けたのが「馬と騎手」。

Img_5782

従来、芸術家が馬を題材にする場合、馬という動物の

美を賛美して追及する世界を表現しますが・・・

マリーニの場合は、馬は人間が作りだした物質文明や機械文明

の象徴として表現されています。

そうですね、ヨーロッパの広場では馬、騎馬像が置かれて

いる光景を目にしますが、多分この騎馬像には何か政治的な

意図が込められているのに対して、深い精神性を表現したので

しょうね・・・。

この作品も敗戦後、荒廃した故国イタリアの復興を願う気持ちが

込められているとか・・・

いきなり先制パンチでした(笑)

また、コレクションコーナーでは陶芸家・鈴木五郎さんの織部作品

が展示されていました。

本人コメント・・・「僕の椅子は本当に座ろうとすれば座りにくい

座らない椅子だね。もう少し言えば肉体が座るんじゃなくて

肉体の中に潜んでいるものを座らせようとする椅子」

んー奥が深い!!

Img_5779

Img_5780

そして、一番観たかった作品・・・

シャガールは勿論のこと、読み物で一度、眼にして

どうしても観たかった!

こちらも常設展示の 「船越桂」「長い休止符」です

Img_5786

ひと部屋を使い、ひとりのバイオリニストが・・・

良く見ると、彼の手にはバイオリンがない、そのかわり彼の

足元から伸びる鉄でできた冷やかな黒影とバイオリンの影が

フロアーに貼りつけられている。

楠木で現した柔らかい人物とは対照的であります。

実にリアリティーな手、半開きの口、遠くを見つめる虚ろな

眼・・・


Img_5789

個室の空間にこのバイオリニストと私の二人になったの

ですが、ひしひしと彼の陰の世界の背景を想像させられ

それは挫折なのであろうか、この休止符という「間」をタイトル

の長い休止符というがどれぐらいの時間なのか、永遠なので

あろうかと緊張感のある空間でありました・・・。

その他にも、コレクションコーナーには

ゴッホ、ピカソ、ルソーなどがあり実に癒しの空間

でありました・・・。

Img_5792

この何とも言えない、こじんまりとした空間に芸術家達の

表現された作品とあいまって

まさに、癒しを提供してくれるのでしょう・・・。

Img_5791

Img_5790

今回、私は初めてですが我が奥様は数回この美術館を訪れて

いますがこの美術館はリピーターが多いとか・・・

公立美術館の年間平均入場者が5万人に対して、メナード美術館

は年間7~8万人。

このほどよい適度に落ち着いた大きさの空間がいいのでしょう。

それもそのはず・・・以前に

日本健康心理学会にて「メナード美術館での芸術鑑賞が

生理的、心理的にストレスを低下させる」という調査結果が

発表されました。

内容の異なる3つの展覧会の来館者に対して作品鑑賞の

前後に内分泌系、心理分析を行った結果、ストレスホルモンの

コルチゾールの低下が認められ、心理アンケートでも

心理的ストレス感と否定的感情の項目が減少した結果が

得られたらしいです。

ストレスフルな方は是非、行ってみるのもいいのでは(笑)

さて、次回の記事では本題の「シャガール展・版画展」の

報告を!あしからず。

ポチっとお願い!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« テレビ購入@エコポイント・3月決算で日本を回せ! | トップページ | 愛の画家・マルクシャガール@版画展inメナード美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

リピーターが多い美術館、ただ「観た」でなく建物も空気も、
いつも癒される何かがその場所にあるのでしょうね。
化粧品会社のやってる美術館、そういえば箱根にはポーラ美術館がありましたっけ。。。
行った事ないんですけどね^^

木彫のバイオリニスト、興味深いです☆

投稿: ururu | 2011年4月 3日 (日) 16時31分

URURUさんいつもありがとうございます!

なかなかよかったですよ…。

色々なものを自分の眼で観るってことは最近になり
つくづく思う今日この頃です(笑)

投稿: 管理人 | 2011年4月 5日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/51278692

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスフルな生活から解放してくれる癒し空間@メナード美術館:

« テレビ購入@エコポイント・3月決算で日本を回せ! | トップページ | 愛の画家・マルクシャガール@版画展inメナード美術館 »