« ブログスカウト?! | トップページ | かに・カニ・蟹 »

岐阜・美濃ミュージアム街道体験バスツアー

前回の記事でご紹介した

Logos

美濃ミュージアム街道体験バスツアーに参加してきました。

これは、政府が『地域再生に係る提案』のなかで岐阜県が

美濃ミュージアム街道構想をうち立て、県、市町村、民間で構成する

「美濃ミュージアム街道協議会」が事業主体となり、

「情報発信・誘客事業」「関連イベント等実施事業」

「受入態勢整備事業」を実施する。

この事業により、当該地域への誘客促進を図り、

交流産業を振興することにより、経済の活性化、

雇用の拡大を図り、地域の活性化につなげるというもので

今回、美濃ミュージアム街道協議会さんとJTBさんが

旅行企画・実施したものです・・・・。

それを私たちブロガーやメディア関係者に宣伝してもらおう

という企画です・・・・。(NETの力を使うんですね・・・。最先端)

今回のコースは『街づくり・テーマパークコース』です!

JR名古屋駅太閤通口→美濃和紙あかりアート・旧今井家住宅

→日本昭和村→日本大正村→市之倉さかづき美術館

→JR名古屋駅太閤通口

参加メンバーはなにやらミニコミ誌・フリーペーパー

タウン誌等のメディア関係者及び人気ブロガーさんたち

だったそうです(私が人気ブロガー??)32名参加

確かに、旅行というよりは皆さん熱心に取材してました!

私は奥様同伴で許可を頂き参加した次第であります。

前置きはさておきご紹介しましょう・・・・。

美濃ミュージアム街道とは

総延長160キロメートルにもおよぶ、広域幹線道路「東海環状自動車道」。

「美濃ミュージアム街道」は、その東海環状自動車道沿線上にある、

焼き物・花・昭和の里山・ファッション・自然をはじめ、優れた個性をもつ

テーマパークをネットワーク化した、一大ミュージアム街道です。

8:20にJR名古屋駅集合で岐阜バスさんにお世話に

なり東海北陸自動車道を目指し出発です!

余談:(岐阜バスのガイドさんの話し方は実に勉強になりました。

別に話す仕事ではありませんが、声、間、トーンと

すばらしい参考になりました。)

Img_0459

美濃ICから5分旧今井家住宅・美濃史料館

Img_0462

Img_0477

Img_0466

Img_0468

Img_0469

Img_0470

Img_0472

美濃の町並み・・・・。風情があります

Img_0474

Img_0461

美濃といえば『うだつ』

聞いたことないですか?うだつが上がらないという

言葉!(私のこと?)

Img_0463

Img_0488

Img_0464

うだつのある町並み

「うだつ」とは

屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために
造られた防火壁のことです

ここ美濃市には多くこの「うだつ」が残っています。
裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、

庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」
の言葉もできました。とさ

美濃ICから5分美濃和紙あかりアート館

http://www.city.mino.gifu.jp/b_akariartmuseum.html

優しい光を放つ美濃和紙のあかりアートは、

まるで夜のうだつの町並みに迷い込んだような

幻想的な雰囲気を醸し出しています。

Img_0479

Img_0480

Img_0482

Img_0485

毎年行われる「美濃和紙あかりアート展」を

是非見たくなりました・・・・!

名神高速道路小牧ICより45分平成記念公園「日本昭和村」

http://www.nihon-showamura.co.jp/illustmap/index.html

Tamao1

名誉村長は中村玉緒さんです。

Img_0489

Img_0509

Img_0490

確かに昔みた風景、いいですねこれぞ田舎!

そして昼食!(待ってました)

Img_0492

郷土の食堂『味彩館』でお食事です!

Img_0491

こだわりの旬の素材や新鮮な地元の食材を使った

郷土色豊かな料理でした・・・。(美味しいですよ)

これはちなみに『とうふ御前』¥1500なり

Img_0493

さてお腹は満足!これにのって園内をまわりましょう。

Img_0496

Img_0497

Img_0498

Img_0499

Img_0500

Img_0501

Img_0504_2

おじさんが昭和を再現して紙芝居をやってました。

確かにこのテーマパークは昭和30年代を再現していて

都会の空間から解放される感いっぱいです!

お菓子コーナーもあり懐かしい駄菓子がいっぱい

ありましたよ・・・・。

お得情報としては、園の入り口にて野菜の販売の

お店がありますが、大根1本¥50、きゅうり10本¥260

などかなり安いと奥様が言ってました!!

中央自動車道瑞浪ICまたは恵那ICより30分日本大正村

http://www.nihon-taishomura.or.jp/

Img_0511

ここはテーマパークではなく町全体が大正です。

Img_0512

Img_0530

Img_0514

Img_0513_2

Img_0515

Img_0516

Img_0518

Img_0519

初代名誉村長は故・高峰三枝子さんですから

高峰さんのコレクションが展示されてます!

Img_0521

Img_0520

大正時代のブリキの玩具です。

Img_0523

Img_0525

Img_0526

Img_0527

イベントとして大正時代の蓄音機にてSPレコード

を実際にかけて頂き、その時代の臨場感ある

音を堪能しました・・・。

大正村は・・・

明治と昭和の間に、人の心がありました。

古きよき時代のモノを再現したかったのではありません。

町をそっくり、その空気で包みたかったのです。

「日本大正村」は、人の手づくりとボランティアが基本なのです。

のとおり理事長さん直々に案内していただきボランティアの方

が暖かく迎えてくれました!若い人がどんどん参加して

一味加えて、若者も楽しめる町にしてほしいものです!

頑張れ大正村!!!

中央自動車道多治見ICより約20分市之倉さかづき美術館

http://www.sakazuki.or.jp/

Img_0531

Img_0532

Img_0538

Img_0535

さかづきのそこに絵が下から光をあてると

透き通って見えます(こうなると芸術品ですね)

Img_0540

Img_0541

Img_0542

Img_0543

市之倉は美濃陶産地の中でも高水準の盃が誕生したところ。

白くて薄い手のひら大の小さな盃の中には神秘に包まれた

宇宙が広がります。現代作家100人の作品が並ぶ

ミュージアムショップや地元の器を使ったレストランも

設しています。

こうして今回、めぐり合わせで貴重な体験をさせて頂きました。

岐阜県は私の住む隣の県でゴルフを楽しみに頻繁に出向く

のですが・・・。

今日、体験したテーマパークは勿論のこと知ってましたが

実際に行ったのは初めてであり、こんなにも身近に風情ある

場所があったのかと考えさせられました・・・。

時間があったらじっくり見たい場所ばかり!

今回は奥様同伴で参加しましたが、夫婦でいくのも

おつですね・・・!

美濃ミュージアム街道は全部で60数箇所もあります。

今日はほんの5箇所、これからも残りの箇所を散策して

岐阜のいいところを堪能したいと思いました。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

|

« ブログスカウト?! | トップページ | かに・カニ・蟹 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、久々に書き込みさせていただきます。
古き良き時代って好きです。
僕も一度大正村に行きましたが、なかなか味があっていい感じでした。でもちょっともの寂しいかな?って感じですね。
しかし、近くにある「松浦軒」のカステラはおいしいかな(*^_^*)

投稿: 侍の端っくれ | 2007年12月11日 (火) 01時41分

こんばんは、先日TVで美濃を紹介していましたが美濃の和紙って紙飛行機の羽根に最適らしく、世界中で使用されてるそうですよ。
美濃の街に紙飛行機屋(株)ヨシダさんんがあるそうで一度行ってみたいと思ってます。
PS うだつの上がらない僕としては、本物のうだつと対面したいと思ってます。(*^_^*)

投稿: 侍の端っくれ | 2007年12月12日 (水) 20時56分

はじめまして。(^。^)
バスツアーつながりでお邪魔いたしました。
素敵な写真一杯撮られましたね~。
私のブログは1記事5枚までの制限があり、こんなにたくさん載せられないのですよ。
TBさせていただいて良いですか~?
と返事を待たずに、TB送ってしまいそうですけどww

投稿: かもめ | 2007年12月13日 (木) 23時33分

私のブログへのTB、ありがとうございました。
すごく詳しい記事を書いてみえますね!
紹介されている写真の中には私も写っている様な気が致します。
後ろ姿ですが。。。
お天気も良くて楽しかったですね!

投稿: ゆき | 2007年12月25日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211613/17314417

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜・美濃ミュージアム街道体験バスツアー:

» 火の用心 [気の向くままに]
師走の町を、消防車が走っていきました。夜回りしてる町内もあるようです。 火の用心ね。昔から火事は住居・街の大事件。 「うだつがあがる」って言い回しの「うだつ」って富の象徴と思っていたんですが、 もともとは防火壁なんだそうな。うだつの街並みの出来た由来...... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 23時40分

« ブログスカウト?! | トップページ | かに・カニ・蟹 »